« 肩の力を抜く | トップページ | 始動 »

一拍おいて物申す

とある会合でのことです。

とても実力のある方が、レジュメの内容を見て激しい口調で意見を言いました。

私はその意見に少し反論したのですが、それ以上言っても火に油を注ぐだけ、それよりも私の考えのほうが間違っているかも・・・と思い口をつぐみました。

そうしたら、今日になってその方から「自分が間違っていた」と誤りのメールが来ました。

間違っているかどうかは別としても、やはり思い込みで激しく論じたことへの反省のような内容でした。

この方はとてもキャリアのある尊敬する先輩なのですが、時折口調が荒い時があります。
そして、自分が間違っていたと思った時はあっさり謝る勇気もある人です。

その点は素晴らしいし、私も見習いたいと思います。

でも、不思議に思うのは、これだけの人物の方が、どうして物事にたいして、いろいろな見方で一呼吸置いてから発言しないのか・・・ということです。

正直、今回の会合では私が責められた訳でもなんでもないのですが、この方の激しい言葉に心がとっても傷ついていました。
どうしてあそこまで徹底的に言うのかなあ・・・と思ったら、なんだか悲しくなってしまって。

とっても素敵な人で尊敬しているのに、ちょっと距離ができました。

やっぱり、どんなことにも理由や意味があるととらえて、自分の最初の言葉は一呼吸おいてから発するくらいでちょうどいいのだと思います。

そして、良い言葉・柔らかい言葉を使うことも大切です。

後で謝るくらいなら、そのほうがずっと良いのでは。。。なんて思います。

|

« 肩の力を抜く | トップページ | 始動 »

カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

 イヤーーー、痛いですね。 私もたまに”一拍おかずに言ってしまう”事が有りますね。 私の違うところは、その後反省しない事ですが・・・・
 話を聞く前から”思い込み”があると、話を聞いている最中に、その思い込みと照らし合わせているので、相手の話が終わった時は、噴火直前なんですよね。
 私も”一拍おいて”を気をつけます。

投稿: としょくん | 2011年2月24日 (木) 07時22分

 その後、元気にやってますか? お父さんも、お母さんも、元気にやってますか?

投稿: としょくん | 2011年3月26日 (土) 10時02分

としょくんへ

コメントありがとうございます。
また、いろいろご心配をおかけしました。
両親とも元気でおりますし、会社も全部復旧して営業しておりますのでご安心ください。

余震もずいぶん少なくなり、少しづつですが落ち着きを取り戻してきました。
また、ぼちぼちブログも再開したいと思います。

横浜ストリーム拝見しました。
親父ギャグを遠慮がちに入れてるところで、思わず笑です。
楽しくて元気でましたよ!
ありがとうございました。

投稿: とらん | 2011年3月27日 (日) 11時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 肩の力を抜く | トップページ | 始動 »