« 自己理解 | トップページ | 40歳からの誕生日には・・・ »

傾聴ボランティア養成講座 3回目

またしても、土砂降りの雨でした

今日は、天気のせいもありお休みの方が多く15名での講座となりましたが、本日の主題「自己理解と自己開示」のワークを中心にやる計画だったので、ちょうどよかったと思います。

自己理解のために、価値観の違いを体験ということで2つほど。
その後は、二人一組で自分の悩みや辛かったことを傾聴するトレーニングをやりました。
同じ話題を相手を変えて2回やりました。

何度も同じこと話していくと、話し手に自分自身の気づきがあります。
そして、聴き手が変わると聴き手の反応によって、話し手の新たな気づきがあります。

参加者の皆さんは、今日も本当に真剣に熱心に一生懸命に参加してくださいました。

本当に感謝です。

私のような未熟な講師であっても、真剣に取り組んでくださる方がいる。
ありがたいです。
だからこそ、私も真剣勝負でやっています。

今日は初めて重い話題での傾聴訓練だったので、講座の最後に「心のもやもやが残ってしまった方は、この後私がお話を聴かせていただきます。もやもやを家に持ち帰らないように」とお伝えしましたが、どなたもお話に来なかったのでホッとしました。

ロールプレイは簡単そうでとても危険性をはらんでいますので、こういうフォローも大切なんです。
今回は短い時間の傾聴なので、既に解決している悩みや辛い体験について話してもらいました。
現在進行形の悩みだと、話し手も聴き手も中途半端で、無力感を感じてしまったりしまうので、この辺も注意です。

この講座もようやくというか、何とか折り返しになります。
講師をやるというのは、講座を受ける以上に勉強させられ反省させられるものが多く、本当に学びが多いです。
ほんの少しですが、自分の講師としての幅が広がったような実感もあります。
何でも経験が大事ですね。
自分自身で経験して積み重ねていくもの。

まだまだですが、後2回頑張ります。

|

« 自己理解 | トップページ | 40歳からの誕生日には・・・ »

傾聴ボランティア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自己理解 | トップページ | 40歳からの誕生日には・・・ »