« ラーメンの旅:佐野市「ゐをり」 | トップページ | 傾聴の訓練 »

失敗したときの受け止め方

ちょっとした失敗をしても、以前の私はいつまでもくよくよ後悔してばかりいました。

最近の私はといえば、もちろんくよくよしているのは同じですが、立ち直りというか前向きに考えることが早くなりました。

それはなぜかと振り返ってみると、失敗したことで自分を責めるだけではなく、この失敗は警告なんだと考えるようになったからです。
人と争うことが少ないので、人間関係での大きな失敗などは無いのですが、自分の心の状態が悪いときに相手に対して雑な対応をしたり、先入観を持って話をしてしまい失礼な態度をとってしまったときなど、イヤーかなり落ち込むんです。

相手の人は何も言ってこないので、いやな気持ちにさせたかどうかは分かりませんが、自分自身が自分を許せなくなります。

でも、そのあとで「この失敗は、お前、気をつけろよ(`Д´)という私に対する警告なんだ」と思うようにすると、次は気をつけようと気持ちの整理ができて、あまり引きずらすに済むことが多いです。

実は昨日ちょっといやなことがありまして・・・。
会社にいると、怪しげな会社からのダイレクトデンワがすごく多いんです。
昨日はなんだかいらいらしていた私。
「もしもし、社長いらっしゃいます?」と、早口で態度の悪い若い男からのデンワに、「出かけております。」といってガチャっと電話を切ったのです。
すごく失礼な感じだったので、それくらいしても罰は当たらないと思って。

そうしたら、折り返しもう一度同じ人から電話が来て、「今の電話の切り方は何だ?」と言いがかりをつけてきました。
「すいません、受話器を落としちゃって・・・」と言い訳すると、「殺すぞ、テメエ」といって相手は電話を切りました。
自分の失礼な態度を棚に上げて、人の態度に腹を立てるなんてなんてやつ!と思いました。
かなりいやな気持ちでしばらくはどよーんとしていましたが、私も悪かったと反省しました。

普段はどんなおかしな電話がかかってきてもそういう電話の切り方は絶対にしないのです。
今日に限ってなのに、なんて間の悪いと思いますが、私にとっては「今日に限って」をやってはいけないのだと思います。
無理をせず、自然に平常心でいられるようにしていなければだめだと思いました。

だから、今日のいやな出来事は警告なんだと受け止めました。
最近仕事も一段落してきて、ちょっと奢っていたのかもしれません。
私への戒めだと思いました。
そう考えると、失敗した事実にばかり目が向かずに、違う世界が広がって前向きになれます。

難しいことですが、「私」という1人の人間としていつも平常心で相手への尊敬を忘れない人であれ」を目標にしたいと思います。

|

« ラーメンの旅:佐野市「ゐをり」 | トップページ | 傾聴の訓練 »

カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

あるある~!(>_<)
と思って読んでました。
気を抜かず、いつも力を抜いて笑顔でいきたいと思いました(^-^)
ありがとうございます♪

投稿: ちはる♪ | 2009年9月 5日 (土) 09時10分

ちはる♪ちゃん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。

反省すべきところは謙虚に、正々堂々と!
なかなか難しいけど、反省だけでも意味がある。。。
うまくいえないけど、そんな感じが一番楽です。

投稿: とらん | 2009年9月 8日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラーメンの旅:佐野市「ゐをり」 | トップページ | 傾聴の訓練 »