« ラーメンの旅:ら麺屋 | トップページ | ラーメンの旅:佐野市「ゐをり」 »

頑張り屋さんには「自分に甘く」も大切

子供を通じて交流ができた人から相談ごとがありました。

彼女もいろいろなメンタルの問題を抱えながらも、毎日一生懸命生きています。

約1時間のお話の中で、「頑張り屋さんは自分を甘やかせるのは自分しかいないから、自分に甘くって大切だよね」と言う言葉がありました。

私自身、彼女から相談を受けていたはずなのですが、この言葉にすごく納得と感動でした。
まさしく私の中の気づきでした。

頑張りやさんて、本当にいつも頑張っているので、それが日常になってしまっていて、自分も回りも頑張っていることに鈍感です。
だから、他人が甘やかしてくれることって意外に少ないんです。

だけど、自分で自分を甘やかしていることに抵抗や罪悪感があって、なかなか甘やかせないのです。

でも、自分で甘やかさないと疲れきってしまいます。
時には、自分を甘やかして張り詰めた糸を緩めてみましょう。

十分緩めてみると、またピンと張る力も自然に出てきます。
焦ることはないのです。
思う存分甘やかしてみると、また頑張ろうという気持ちになれると思います。

|

« ラーメンの旅:ら麺屋 | トップページ | ラーメンの旅:佐野市「ゐをり」 »

カウンセリング」カテゴリの記事

コメント

競馬の馬は、スタートから殆どは自由に走ったり、時には手綱を引かれて、走り過ぎないようにされたりして、「ここぞ」と言うときに、ムチが入って、一着ーーーーとなります。
 いつもいつもムチが入っていると、本当の「ここぞ」にムチが入らなくなります。 いつもは流れの侭に、時には抑えるくらいで・・・それが一番です。

投稿: としょくん | 2009年9月 2日 (水) 06時35分

コメントありがとうございます。

甘やかすというと聞こえがよくないかも知れませんが、そういうことって大事ですよね。

生き方にもめりはりが必要だということですよね。

投稿: とらん | 2009年9月 3日 (木) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラーメンの旅:ら麺屋 | トップページ | ラーメンの旅:佐野市「ゐをり」 »