« 自然は夏を感じてるんだね | トップページ | 誰かを嫌いになること »

甘味三昧

8月1日は、栃木県北部に伝わる「釜の蓋」といわれ、釜の蓋のお饅頭を作る風習があります。

釜と言うのは地獄の釜のことで、なくなった人はこの地獄の釜の蓋が開くと、現世に出てくるのだそうです。
お墓でお盆のお迎えを待っているのでしょうね。

今年は、母が妹のためにたくさんのお饅頭を作りました。
毎年母が作るお饅頭はとてもおいしくて評判なのですが、今年はある意味一味違った気持ちで、いつも以上に心をこめて作ってのだと思います。
近年まれに見るおいしさでした。
私も、いつもと違った気持ちで母のお饅頭の味をかみ締めました。

スーパーに行ったら、お饅頭用の冷凍あんこがたくさん売られていました。
お饅頭つくりはできませんがせっかくこの時期に売っているのだからと、1つかって寒天も買って水羊羹を作りました。

他に、チョコレート味のチーズケーキも作ってみました。

こんなに作っていったい誰が食べるのか。。。。
ダーリンは明日埼玉に行っちゃうし。。。

会社に持っていって食べてもらうかな。。。。

|

« 自然は夏を感じてるんだね | トップページ | 誰かを嫌いになること »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自然は夏を感じてるんだね | トップページ | 誰かを嫌いになること »