« ココロのみちくさ推進委員会推薦ブログのご紹介 | トップページ | 褒められて元気に! »

一日遅れの「CHANGE」

昨日の「CHANGE最終回」見ましたか?
私はすごく楽しみにしていて、正座して待っていたくらいです

よかったですねえ、納得のいく終わり方で。
映画もドラマもそうですが、私の好みとしては終わったあとに希望という余韻が残るものがスキですね。
見終わってとてもすがすがしい気分になりました。
最後に元気をもらえて終わるなんて、あー毎回見ててよかったなあって、満足できて寝れますものね。
朝倉総理と美山さんが、ゴールインしたこともベタな展開とはいえ嬉しくなりました。
見てる人は、特に女性は自分と美山さんの姿をタブらせて見ていたと思います。

美人で頭がよくて切れる且つ細やかな気配りのできる総理大臣の女性秘書官。
なんてかっこいいんでしょ。
なれるとは思いませんが、あこがれますよね。
同性としても惚れ惚れします。

実は、木村拓哉のドラマは今回初めて最初から見たんです。
いつもは前評判が高すぎるので「ちぇ!」って感じでわざと避けたりしてたんですが、今回のように普通の人がいきなり総理大臣に上りつめる話なんて、まるで豊臣秀吉みたいな出世物語ですよね。
自ずと展開が読めるので、どんなサプライズを経ていくのかなぁなんて興味が湧きました。
今回は、キャスティングもよかったと思います。

久々に満足した楽しいドラマでした。
夕方からのおさらい再放送も全部見ました。
今回ほど家にいるのがうれしかったことはありません

でも、普通の人がいきなり国会に入ったら、なぜ?どうして?の連続なのだろうと思います。
いったい誰のための政治家なのか?と疑問を持つことは今だって多いですものね。
でも、どの議員の方も、初心はあったはずですよね。
先生と呼ばれるうちに勘違いがおきてしまうのでしょね。
当の議員の方たちはこのドラマをどんな思いで見ていたでしょうか。
少なくとも初心を思い出していただけたらいいなあと願わずにはいられません。

政治家も先生もそして私のような普通の人も、当たり前のことができなくなっている時代だと思います。
だから、当たり前のことメッセージとして聞くとハッとする。
そして、当たり前のことが実践出来ている人を素晴らしいと思うのだと思います。
でも、本当は私たちの中にもその能力はちゃんとあって、実践していないだけなのだと思います。

当たり前のことをちゃんとやる。
その難しさと素晴らしさを教えてくれたドラマでした。
ひとつでも当たり前のことが実践できる人になりたいですね。

|

« ココロのみちくさ推進委員会推薦ブログのご紹介 | トップページ | 褒められて元気に! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

最終回を見るのを忘れてしまいましたm(_ _)m

選挙が近くなると、代議士とか、このような政治家のドラマがよくありますね。
今回のは、2話からみてました。

>でも、どの議員の方も、初心はあったはずですよね。
>先生と呼ばれるうちに勘違いがおきてしまうのでしょね。

そうですね。政治家の人だけでなくて世の中の人みんなに言えることかもしれませんね。
どこかでおごりが生じるのだと、、、、m(_ _)m
初心、大切です。

投稿: けいちゃん | 2008年7月16日 (水) 05時31分

やっぱり見てたな。 途中の記事に聞いた台詞が出てきたので「見てるな!」と思いましたがね。
 家も、母ちゃんと一緒に毎回欠かさず見ていました。これからの衆議院解散時に、総理大臣が本当にこの様にしっかりと主旨説明して解散すれば、その後の選挙は大きく変わるよな・・
 それから、ブログ紹介ありがとう。 
そして「先日のお友だちの記事」。あれだよ、あれだよ、今自分の出来る事を、しっかり・精一杯・親身になって・・やれば、それで喜んでくれる人がいるじゃん。 これだよ。これだよ。
 最初に戻って、だから「CHANGE」だよ。

投稿: としょくん | 2008年7月16日 (水) 11時11分

けいちゃんへ
こんばんわ。最終回見られなかったのですね。残念でしたね。再放送などあるといいですね。
初心。とても大切なものなのに、その気持を維持するのはとても強い意志が必要ですね。もし忘れてしまっても、時々は思い出して、もう一度当時の気持を振り返ってみることができる人でいたいと思います。

としょくんへ
見た人ひとりひとりが、いろいろな意味で「CHANGE」を考えさせてくれるドラマでしたね。
次の選挙はちゃんと投票に行きます

投稿: とらん | 2008年7月16日 (水) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ココロのみちくさ推進委員会推薦ブログのご紹介 | トップページ | 褒められて元気に! »