1行紹介

生きてるって、それだけで素晴らしいと悟りました。

自己紹介文

山口とらんと申します。
51歳です。

ペンネームの「山口」は、私の心に光を与えてくれたミュージカルスター山口祐一郎さんに感謝の意を込めて、いただきました。
とらんは我が家で初めて飼った犬の名前です。現在は、他の人にお世話をしてもらっていて、時々しか会えません。

栃木県央の片田舎に住んでいます。

家族はダーリンと子供3人、犬2匹です。

7年前に仕事が合わずに軽いうつ状態になり、同時期に職場の友人をウツで亡くしました。
それをきっかけに、心を大切にする何かができないだろうかと考え、産業カウンセラーの資格を取りました。
このことで、私自身の人生観や生き方が180度変わりました。

今は、カウンセリングや傾聴ボランティア活動を少しづつやりながら、自分の目標に向かって歩いています。

ほんのちょっと、誰かがそばにいて話を聴いてあげるだけで元気になって頑張れる人がたくさんいます。
私は、そんな方たちのために生きていきたいと思っています。

モットーは「一隅を照らす」です。

でも、まだまだ未熟な人間なので、しょっちゅうくじけたり投げ出したくなったりして、なかなか前に進めないんです。
あちこちで“ココロのみちくさ”をしながら、いろいろなことを感じ学びそして生きる勇気をもらって、また前を向いて歩き出していく。

そんな日々の思いをつづったブログです。
どうぞよろしくお願いします。

興味のあること

<カウンセリング(特に傾聴)>専門分野ですので、いろんなことを幅広く勉強するよう心がけています。駆け出しです。 <映画>年間20本位観ます。 <ケーキ作り>昨年より目覚めせっせと作っています(失敗作も多数有り) <U字工事>栃木県出身の漫才コンビで家族揃って応援しています。。お笑い大好き。 <ラーメンの食べ歩き>ダーリンに引き連れられて行っています。 <犬>とにかく雑種が大好きです。 <タイ>ダーリンが赴任していたので、5度ほど行きました。礼儀正しく、日本人に好意的な国なのでとても好きです。 <マッサージ>特にふくらはぎと足つぼは他の人にやれるくらい勉強しました。なんでも凝り性です。 <横山秀夫>好きな作家さんです。クライマーズ・ハイや半落ちを書いた方です。 <その他>好奇心旺盛のためいろいろなことに興味を持ちやすく、調べるのが大好きです。